人気ある店にはおいてある!プリザーブドフラワーって、何でしょう?

プリザーブドフラワーって、知ってますか?
いまでこそ、知名度が上がってはきましたが、まだまだ、その名をはっきりと知らしめて無いのが、プリザーブドフラワーでしょうか。年輩のかたでも、若い方でも、花に興味があって、インテリアに花を選ぶ方はご存じのようですね。あと、何かのイベント、お祝いなどに花を使う方とか。人気ある店まであるんですけど、まだ、普段使いとまではいってないのかもしれません。


<プリザーブドフラワーとは>

プリザーブドフラワーは、ヨーロッパで生まれました。「プリザーブド=保存された」と言う名前の通り、水分のかわりに、長く持つように特殊な薬剤で、加工されています。生花を加工する過程で色も抜けますから、さまざまな着色も可能です。
いろいろな花や、色、形を組み合わせて、可愛いブーケや、インテリアを作ることができるので、様々なことに使われるようになってきました。フラワーアレンジメントのひとつと考えていいでしょうね。
フラワーアレンジメントがお好きな方たちがこれをほっておくわけがありません。それに伴い、評判の良いところが人気ある店として、紹介されるようになりました。

興味のある方は、ちょっと調べてみると、いいですよ。意外と近くに人気ある店があったりします。

プリザーブドフラワーは欲しいけど高いと諦めないで

プリザーブドフラワーは色々なデザインの物があります。ブーケやフレームに入ったものやカゴに入ったものどれも素敵なものばかりです。素敵な事はわかっているのですが、良いなと思ったものはお値段もそれなりの物が多く、欲しいのだけれどもちょっと私にはと諦めている方もいます。プリザーブドフラワーは枯れない花で水やりも不要です。いつまでの美しさを楽しむことが出来ます。ですから自分で作ってみてはいかがでしょうか。自分の花を自分の好きなデザインや形にして作るとても素敵ですね。

おすすめ・・・・プリザーブドフラワーの通販ショップを検索できるサイト!?


<誰かに自慢したくなること間違いなし>

プリザーブドフラワーは材料さえ揃えれば自分で作ることが出来ます。自分の好きな新鮮な花、色素脱色液、染色液、花を飾りたい容器、落としぶたです。工程はまず花の色を脱色液に入れ花びらが半透明になれば取り出して、次に染めたい色の染色液につけて自然乾燥で十分に乾燥させます。後は自分の好きな容器に好きな形でデザインすればオリジナルのプリザーブドフラワーを作ることが出来ます。上手に作ることが出来るようになれば、プレゼントとして誰かに贈ってみられるのもいですね。高くて買う事の出来なかったプリザーブドフラワーを是非作ってみてはいかがでしょうか。

友人の結婚祝いにプリザーブドフラワーを!

様々な場面でお花が活躍し、会場を華やかにすることも出来ますし誰かのプレゼントにすることも出来ます。
プリザーブドフラワーも生花と同じく様々な場面で活躍し、現在では購入している方も増えてきています。誕生日プレゼントや還暦祝い、母の日などのために購入している方も多くいますが、現在では結婚祝いのプレゼントとして購入している方も居ます。もちろん、結婚祝いとしてプリザーブドフラワーを購入するのも良いですが、結婚祝いとなるとカラーにもこだわりを持った方が良いです。実は、結婚に相応しいとされているカラーがあるのですが、皆さんはご存知でしょうか。何も考えずに相手の好きなお花やカラーを選んで贈っている方の方が多いと思います。しかし、結婚関係でお花を贈るときにはサムシングブルーと呼ばれるカラーが相応しいと言われています。


サムシングブルー系のプリザーブドフラワー!

結婚祝いに贈るお花のカラーで相応しいのは、サムシングブルーだと紹介しました。
ですが、サムシングブルーが一体何色なのかよく分からない方が多いのではないでしょうか。簡単に言ってしまえば、私達が見慣れているブルーです。カラーはブルーとなっていますが「サムシングってなんでつくの?」と疑問を抱いている方も。実は、サムシングブルーは、青い鳥と同じで幸せを呼ぶカラーと言われているのです。純潔や誠実さを表しているカラーとしても有名で、そのため結婚式に用いられることの多いカラーなのです。ですから、結婚祝いにプリザーブドフラワーを贈ろうと検討している方は、サムシングブルーに関係するお花を選んでみましょう。全てブルーでデザインしているプリザーブドフラワーもあれば、アクセントに別のカラーのお花を混ぜている場合もあります。贈る相手の好みに合わせて、素敵なものを選んで!


ビタミンカラーのお花もおすすめ

上記ではサムシングブルーがおすすめだと紹介しました。
もし、贈る相手がブルーを気に入らなかった場合はどんなカラーが良いのでしょうか。カラーの好みは人それぞれ違いますから、ブルーのプリザーブドフラワーを贈れない可能性もあります。そんな時は、ビタミンカラーのプリザーブドフラワーを選びましょう。ビタミンカラーはオレンジやイエローです。こちらのカラーは元気が出るカラーとして有名ですし、外見も色鮮やかなので人気があります。飾ることでお部屋を明るくしてくれる効果もありますし、元気いっぱいの方へ贈るにふさわしいものです。結婚祝いとしても贈ることが出来ますから、候補の中に入れておくのも良いですよ。

一生に一度を彩るプリザーブドフラワー

一生に一度しかない人生の節目には、プリザーブドフラワーがベストです。
結婚祝いを始めとして、入学式や卒業式、一世一代のプロポーズなど、記憶に残したいけど一度しかないお祝い毎は多くありますよね。
そんなときは長く余韻に浸りたいと思いませんか?


長く余韻に浸れるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、すぐに枯れません。
お祝いといえば、花が付き物だと思います。
しかし生花はすぐに枯れてしまうので、あまり余韻に浸ることができません。
かといって、枯れない造花やドライフラワーというのは、見た目のレベルが一気に下がってしまいます。
「枯れない」と「見た目」の両方を兼ね備えたのがプリザーブドフラワーなのです。


実は枯れないわけではない

実は、プリザーブドフラワーはデリケートです。
生花に特殊な保存液を吸わせて作ったため、長期保存が可能となっています。
しかし元は生花なので、乱暴に扱えばすぐに花びらにひびが入ってしまいます。
生花よりもかたくなっているため、われやすくなっているのです。
気温や湿度に気をつけて正しく保存することができれば、最長5年ほどその美しさを保つことがわかっています。
触ったり匂いをかいだりすることはできませんが、プリザーブドフラワーはあなたの人生の節目をきっと彩ってくれるでしょう。

母の日にプリザーブドフラワーを

母の日にプレゼントするお花といえばカーネーション。色はピンクでしょうか。

すごくきれいで香りも素敵ですが、いかんせん長持ちしにくいですよね。

できればその思い出を長く保っていてもらいたい。そんなときこそプリザーブドフラワーをプレゼントしましょう。プリザーブドフラワーならば上手に保存することができれば数年その姿を保っておくことができるので思い出も長く保っておくことができます。母の日の思い出も花の姿もきれいに残すことのできるプリザーブドフラワー。贈ってみるのはいかがですか?


プリザーブドフラワーならアレンジも選べる

アレンジ幅も多く楽しめるプリザーブドフラワーならば、贈り物のさいのお花のアレンジに関しても自由度が高いです。生花を織り交ぜたアレンジや、染色にもこだわることができますから、ぜひとも贈るさいは相手の好みを織り込んであげてくださいね。


その分少し値は張る

その制作期間の長さや独特の製法ゆえ少し生花より値が張ってしまいます。ですが上手に保存すればながく楽しめることを考えると決して損な買いものではないと思います。

このあたりは好みも出てきますから、違いを頭に入れてから選んでください。

今では価格帯でアレンジの形を選べますから値段の幅も広がってきました。

プリザーブドフラワーの病院での活用

様々な健康状態の人が出入りする病院では、生花を避けているところも多く、そういったところではお見舞いにも生花は禁止しています。
お花の持っている「癒し」の効果は認められていますので、なんとも残念なことです。
そこで病院においてもプリザーブドフラワーの選択が増えてきました。


<プリザーブドフラワーを病院で選択するメリット>

病院が生花を避ける理由には、アレルギーがあります。
様々な体質や体調の人が出入りする病院では、アレルギーを持っている人に対する配慮も必要です。
体調が普段と違うことで、今までなかったアレルギーを発症させてしまうこともあります。
また「枯れる」ということが及ぼす精神的な負担も、病人にとって小さなものではありません。
しかし花が持っている「癒し」の効果は、心に大きく作用し、病人にとっても良いものです。
プリザーブドフラワーであれば、生花のデメリットは取り除かれています。
そこで生花を禁じている病院でも、プリザーブドフラワーが使われています。
アロマテラピーの効果はありませんが、年齢や健康状態によって避けるべき香りがあります。
その点もメリットとして働きます。
お見舞いの時にお贈りする品物としても最適です。

傷んできたプリザーブドフラワーはどうしたらいいの?

プリザーブドフラワーは1年以上自宅で楽しむことができるものです。しかし、お手入れを行ってもケースなどに入っていないものはやはり傷んでしまうこともあります。その中でも多いのが、花弁の欠けなどです。またお花に虫はつかないですが、使っている木材の飾りに虫がついてしまうこともあるのです。


プリザーブドフラワーはメンテナンスしてアレンジを

まずは虫がついてしまった場合です。お花は加工してあるものなので虫はいませんが、飾りなどで使う木の資材には虫がつくこともあります。虫がついてしまったものだけを抜き取って、捨ててしまいましょう。少し寂しくなった部分には、自分で気に入った資材を買ってきて刺すことで、自分好みのプリザーブドフラワーをつくることができるのです。資材は雑貨屋さんなどで購入できます。


花びらが欠けてしまった場合

プリザーブドフラワーの花びらは乾燥などで割れてしまう、裂けてしまうことがあります。この場合は、花弁をはさみでカットすることで傷を目立たなくすることができます。はさみを使って、少しずつかけた部分を丸くカットしましょう。縦に裂けているときは、ハート型にするなど、自分の好みで形もアレンジできるのがいいところです。はさみを入れるときは、なるべく小さく、慎重に行いましょう。

プリザーブドフラワーを風水に活用しよう

プリザーブドフラワーは生花に見えるお花です。はなびらなどの材料も本物のお花を利用して、加工を行うことで枯れないお花として利用されています。プリザーブドフラワーは後から染色を行うことから、湿気などで色移りしてしまうこともあると言われていますが、風水に利用することもできると考える人もいるそうです。


プリザーブドフラワーで運気アップ?

お花など、命あるものを部屋の中に飾るとお部屋が華やかになりますよね。このような力を利用したものに風水というものがあります。専門家の意見では押し花などはあまり利用しない方がいいとされているそうですが、天然の素材を加工したプリザーブドフラワーは、枯れやすい生花よりも便利に使えると考える人もいるそうです。良し悪しは人によって考え方の違いが出ますが、手入れがしやすく、美しい状態を保ちやすいので生花よりも利用しやすいのは、きっと誰もが思うことですよね。


西にバラが効果的

風水で西に黄色というのは聞いたことがあるかと思います。黄色は金銭運などを左右する色なのだそうです。またお花の中でもひまわりや薔薇の花は風水に効果があると言われているそうです。プリザーブドフラワーでは薔薇のお花が非常によく利用されています。生花の黄色いバラはなかなか入手が難しいそうですが、プリザーブドフラワーなら発色もよく、安定して購入もできるので安心ですね。完璧にこだわるのではなくても、ちょっとゲン担ぎに利用するのは楽しいかもしれませんよ。

プリザーブドフラワーを学べる教室がある

プリザーブドフラワーはお花屋さんや通販で購入することが出来ますが、現在では学べる教室があるみたいですよ。
そこでは一から教えてもらう事が出来るみたいですので、手作りに挑戦したい人にはとても良いですよ。
お店の商品を見て、こんなお花があったらいいのになと思ったことのある人もいるのではないのでしょうか?
そういった人にもぜひこの教室に通って作っていただければ・・・!
世界にたった一つだけの自分のプリザーブドフラワーを作ってみませんか?


不器用だからプリザーブドフラワーは作れないという方へ

自分は不器用だから手作りなんて出来ない!という人には、花材だけ購入することをおすすめします。
花材や入れ物を購入して自分なりにアレンジしてみるのも楽しくていいですし、不器用な人でも気軽に始めることが出来ますので安心です。
自分のセンスを活かして作るだけですので、何も難しいことはありません。
色々試して、どれが一番いいのか検討してから完成させるのが良いですね。


展覧会に出向いてみよう

いつやるのかわかりませんが、展覧会に足を運んでみるのもいいですね。
色々な方が作ったプリザーブドフラワーが展示されていますので、すごく参考になりますよ。
他人の作品を見てそれが刺激となって創作意欲をかきたてると思いますから、ぜひ一度足を運んでみてはどうでしょうか?
きっと何かヒントやアイデアになる発見がありますよ!

プリザーブドフラワーは通販でも購入できます

プリザーブドフラワーを購入したいけれど、近くにお花屋さんが無いから購入できない・・・とかお花屋さんで取り扱っていなかった・・・という人もいるかと思います。
ですが、最近では通販サイトで購入することが出来ますので本当に便利になりました。
きれいな写真を掲載していますから、どんなお花なのか知ることが出来ます。
ただ、通販ですと実際に見て確かめることが出来ないのが残念な点だと思います。
分かりにくいことがあったら、お電話にて聞いてみることをおすすめします。


プリザーブドフラワーは花材だけでも購入できます

プリザーブドフラワーは花材だけ購入することも出来ますので、自分でリースや入れ物を買ってきて手作りすることが出来ますよ。
自分の好きな花材を購入して作ることが出来ますので、とても楽しいと思います。
髪飾りなどを作ってみるのもいいですし、ガーデニングのようにお花に囲まれた生活もいいですね。
お子さんがいらっしゃる人は一緒に作ってみるのもおすすめ。
失敗をしてしまっても落ち込まず、次に活かすことが出来ればそれでいいんです!


サイトを覗いてみよう

インターネットでプリザーブドフラワーにいついて調べてみますと色々な情報が出てきます。
中には、自分で作ったプリザーブドフラワーを掲載しているブログなどが出てきますので、そちらをヒントにして自分の作品を作ってみるのもいいですね。
楽しみ方は人によって変わってきますから、自由に作ってみましょう!
最初は真似して作って、慣れてきたら独自のものを作るというやり方もいいですね。

プリザーブドフラワーのリースを飾ろう

プリザーブドフラワーを飾りたいけれど、置き場所に困ってしまうという人も中にはいますよね。
テーブルに置きたいけれど、それで幅をとってしまう・・・とか悩みを持っている人も少なからずいるのではないでしょうか?
そんな時にお勧めなのがリース型のものなんです!
リース型でしたらテーブルなどに置かず、壁や玄関にかけることが出来るので幅もとらなくていいですよ。


プリザーブドフラワーを手作り

プリザーブドフラワーは、自分で手作りすることが出来るので興味のある人はぜひ作ってみることをお勧めします。
入れ物に入れるのではなくて、自分でリースを作ってしまえばいいんです!
お気に入りのお花を使ってたった一つのリースを作るのって楽しいですし、完成させることが出来たら嬉しいですよね。
自分で作るときは、やり方をネットなどで検索してみるのが良いですよ。


花材をそろえてみよう

プリザーブドフラワーの通販サイトでは、花材も扱っていますのでアレンジするのが簡単でいいですよ。
一から作るのが難しい人はすでにできている花材を購入して、それをアレンジして作っていくことをおすすめします。
お花だけでなくて、何か小さなぬいぐるみなどを一緒にすると可愛いかもしれないですよ!

プリザーブドフラワーを友達のプレゼントに!

プリザーブドフラワーは永年保てるお花ですので、贈り物としてとても良いですよ。
友達の誕生日などに贈ると喜んでもらえると思いますので、素敵なお花を見つけてみましょう。
前もって、友達の好きなお花や色を聞いておいて探すのもいいですね。
取扱っているお花の種類も豊富になってきているので、きっと素敵なお花を見つけることが出来るはずです!
ですが、そのお店によって扱っているお花などが違ってきますから、たくさんサイトなどを確認して決めるようにしましょう!


プリザーブドフラワーで素敵な思い出を

プリザーブドフラワーはとてもきれいなものですので、心が癒されます。
変わった色のお花もありますから、選ぶ時は楽しいですし、こんな色があるのか!と知ることも出来て新鮮です。
いつまでもとっておくことが出来るお花ですので、思い出も一緒にとっておくことができます。
また、プリザーブドフラワーは少しずつ色が変化してきますので、その変化を楽しむのも儚くてなんだか素敵でいいですよね。


保管の仕方について

プリザーブドフラワーは、お水を与えてはいけないことになっています。
それは、脱色に繋がってしまうからだと言われているので、お水は絶対に与えないようにして下さい。
キッチン周りなどの水気のある場所は避けた方がいいですよ。
また、生花とは違って日光に弱いので直射日光は避けて下さいね。
出来るだけ日の当たらない場所に置いて飾ってもらえればと思います。
生花と同じよう丁寧に扱ってあげて下さい。