友人の結婚祝いにプリザーブドフラワーを!

様々な場面でお花が活躍し、会場を華やかにすることも出来ますし誰かのプレゼントにすることも出来ます。
プリザーブドフラワーも生花と同じく様々な場面で活躍し、現在では購入している方も増えてきています。誕生日プレゼントや還暦祝い、母の日などのために購入している方も多くいますが、現在では結婚祝いのプレゼントとして購入している方も居ます。もちろん、結婚祝いとしてプリザーブドフラワーを購入するのも良いですが、結婚祝いとなるとカラーにもこだわりを持った方が良いです。実は、結婚に相応しいとされているカラーがあるのですが、皆さんはご存知でしょうか。何も考えずに相手の好きなお花やカラーを選んで贈っている方の方が多いと思います。しかし、結婚関係でお花を贈るときにはサムシングブルーと呼ばれるカラーが相応しいと言われています。


サムシングブルー系のプリザーブドフラワー!

結婚祝いに贈るお花のカラーで相応しいのは、サムシングブルーだと紹介しました。
ですが、サムシングブルーが一体何色なのかよく分からない方が多いのではないでしょうか。簡単に言ってしまえば、私達が見慣れているブルーです。カラーはブルーとなっていますが「サムシングってなんでつくの?」と疑問を抱いている方も。実は、サムシングブルーは、青い鳥と同じで幸せを呼ぶカラーと言われているのです。純潔や誠実さを表しているカラーとしても有名で、そのため結婚式に用いられることの多いカラーなのです。ですから、結婚祝いにプリザーブドフラワーを贈ろうと検討している方は、サムシングブルーに関係するお花を選んでみましょう。全てブルーでデザインしているプリザーブドフラワーもあれば、アクセントに別のカラーのお花を混ぜている場合もあります。贈る相手の好みに合わせて、素敵なものを選んで!


ビタミンカラーのお花もおすすめ

上記ではサムシングブルーがおすすめだと紹介しました。
もし、贈る相手がブルーを気に入らなかった場合はどんなカラーが良いのでしょうか。カラーの好みは人それぞれ違いますから、ブルーのプリザーブドフラワーを贈れない可能性もあります。そんな時は、ビタミンカラーのプリザーブドフラワーを選びましょう。ビタミンカラーはオレンジやイエローです。こちらのカラーは元気が出るカラーとして有名ですし、外見も色鮮やかなので人気があります。飾ることでお部屋を明るくしてくれる効果もありますし、元気いっぱいの方へ贈るにふさわしいものです。結婚祝いとしても贈ることが出来ますから、候補の中に入れておくのも良いですよ。

Comments are closed.