Archive for 8月 2014

プリザーブドフラワーの病院での活用

様々な健康状態の人が出入りする病院では、生花を避けているところも多く、そういったところではお見舞いにも生花は禁止しています。
お花の持っている「癒し」の効果は認められていますので、なんとも残念なことです。
そこで病院においてもプリザーブドフラワーの選択が増えてきました。


<プリザーブドフラワーを病院で選択するメリット>

病院が生花を避ける理由には、アレルギーがあります。
様々な体質や体調の人が出入りする病院では、アレルギーを持っている人に対する配慮も必要です。
体調が普段と違うことで、今までなかったアレルギーを発症させてしまうこともあります。
また「枯れる」ということが及ぼす精神的な負担も、病人にとって小さなものではありません。
しかし花が持っている「癒し」の効果は、心に大きく作用し、病人にとっても良いものです。
プリザーブドフラワーであれば、生花のデメリットは取り除かれています。
そこで生花を禁じている病院でも、プリザーブドフラワーが使われています。
アロマテラピーの効果はありませんが、年齢や健康状態によって避けるべき香りがあります。
その点もメリットとして働きます。
お見舞いの時にお贈りする品物としても最適です。